気泡緩衝材使い褥瘡改善【医療法人前橋外科医院】

2010年1月14日 10:05 AM

直系3・4センチのロール巻にして患部周辺の皮膚に張る

 医療法人前橋外科医院(前橋市天川町)の田中建彦理事長は、気泡緩衝材(商品名「プチプチ」、「エアクッション」など)を用いて、寝たきりの患者の褥瘡(じょくそう・床ずれ)を安価に早く治す方法を開発した。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る