国内初 在来・大空間工法で耐震等級3【ランドハウス工業】

2012年10月19日 9:00 AM

建築中のモデルハウスには全国から見学者が訪れている

 注文住宅のランド・ハウス工業(高崎市問屋町、白石幸之介社長)は、建材メーカーのウッドワン(広島県廿日市市)と共同で、耐震・耐力パネルを多用したり特殊な構造材を組み合わせることなく、木造軸組工法の構造用合板と筋交い、補強金物で間仕切り壁のない最大21畳(3間×3・5間)の大空間を確保し、耐震等級3を満たす国内初の木造住宅の新工法「大空間工法」を

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る