11市町で独自助成【住宅用太陽光発電の補助制度】

2009年5月15日 9:00 AM

 住宅に備え付ける太陽光発電システムに補助金制度を新たに設ける自治体が県内で増えている。08年度までに導入した5市町に加え、6月から高崎市で始まり、計11市町が独自に助成を打ち出す。藤岡市は、4月末で当初予算額を超える申請があり、補正予算での対応を検討するなど、消費者の関心と太陽光システムの需要は高まりを見せている。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る