発祥の地に学んだ岩盤浴施設【清水歯科医院】

2009年12月10日 8:14 AM

坑道をイメージした岩盤浴室。オーストリアのラジウム鉱石を10トン使用

 清水歯科医院(高崎市上小塙町、清水英寿院長)は、岩盤浴発祥の地として60年の歴史を持つ、オーストリア・バドガシュタイン市のハイルシュトーレン(治療坑道)を手本にした岩盤浴施設「ホロトロピック ハイルシュトーレン」を隣接地に16日オープンする。冷え性と歯科疾患の関連に着目した独自研究に基づく施設。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る