2018年9月13日

「火縄銃遺伝子」

Filed under: ぐんけい録 — gunkeiadmin @ 9:00 AM


 日本に鉄砲が伝来したのは1542年のこと。ポルトガル船が種子島に漂着、その船に2丁の火縄銃があった。二人のポルトガル商人は、種子島領主の前で火縄銃の実演をしてみせた。今でいう商品のプレゼンだ。
 今まで飛び道具といえば、弓矢や吹き矢ぐらいしか知らない日本サイドは、火薬を使い遠くの標的を粉砕するその武器に驚愕した。これを手にすれば、戦の勝利は確実だと考えた領主は、・・・続きはこちらから (more…)

2018年9月8日

小さな村をイメージした雑貨・菓子店【ATELIER JAMCOVER】

Filed under: 総合 — gunkeiadmin @ 9:00 AM

かわいらしいパッケージの商品がディスプレイされたおやつ棟

 ATELIER JAMCOVER(高崎市下室田町、オザワリエ代表)が、17年秋にオープンした「JAMCOVER VILLAGE」(同所)が好評だ。珍しい雑貨やオリジナルの洋服、菓子を販売するショップ、ギャラリーなどで構成されており、県内外から客が訪れている。
 同社は95年に雑貨店「JAMCOVER下北沢店」(東京都世田谷区)をオープン(11年に馬喰町に移転)。08年に同高崎店(高崎市八幡町)を出店したが、2店舗を統合し、オザワ代表の地元である下室田町に移転オープンした。
 オザワ代表は同店の経営のほか、雑誌でおやつに関するコラムの連載や書籍の出版、ライセンスブランド「petit jam」の子供服展開、菓子店のコンサルティングなど、幅広い分野で活躍している。
 「JAMCOVER VILLAGE」は、・・・続きはこちらから (more…)

運動プログラムを導入【PORT】

Filed under: 医療・福祉 — gunkeiadmin @ 9:00 AM

運動プログラムで使用する器具がそろえられた室内


 PORT(東京都八王子市、白井由美社長)は10月上旬、脳を育てる運動療育を開発している、こどもプラスホールディングス(東京都八王子市、柳澤弘樹社長)の運動プログラムを取り入れた「放課後等デイサービス高崎教室」(高崎市山名町)を開設する。
 「放課後等デイサービス」とは、発達が気になる子供などが放課後や長期休暇中に通う総合療育の教室。
 こどもプラスホールディングスの運動療育プログラムは、「運動遊びが大脳活動の発達を促し、心と体の発達に寄与する」という脳科学の理論に基づき、・・・続きはこちらから (more…)

板倉町と連携し〝脳若〟トレ【ジーシーシースタッフ】

Filed under: 東毛 — gunkeiadmin @ 9:00 AM

iPadで自撮りに挑戦する受講者


 パソコン講習や労働者派遣サービスのジーシーシースタッフ(高崎市旭町、石田利寛社長)は板倉町と連携し、7月から8月にかけ、タブレット型端末を使った高齢者向けの認知症予防トレーニング講座「夏季あたまのたいそう教室」を開いた。毎週木曜の全8回、板倉町中央公民館で行った。同講座は昨年度に続き2回目の開催。
 同トレーニングは、タブレット端末・iPadの活用により、・・・続きはこちらから (more…)

底泥資源化工法が50件目の受注【群馬高専】

Filed under: 製造・ソフト — gunkeiadmin @ 9:00 AM

浚渫中の作業台船


 群馬工業高等専門学校が開発した、ため池の汚泥を回収・資源化する技術、「生態系保全型底泥資源化工法」が、三渓園(横浜市)での受注で、実績は50件目となる。これに合わせて、発祥の地である同校の観寺沼で8月28日から31日まで、最新型の浚渫(しゅんせつ)設備の試運転が行われた。
 同浚渫設備はポンプで吸引した汚泥を、浚渫設備の中で、・・・続きはこちらから (more…)

2018年9月7日

温泉街のマイクロブルワリー【オクトワンブルーイング】

Filed under: いい店見っけ — gunkeiadmin @ 9:00 AM

神奈川から地元に戻った竹内さん


 今年5月に水上温泉街の一角にオープンした「オクトワンブルーイング」(竹内康晴代表)は、クラフトビールの醸造所(マイクロブルワリー)だ。水上地区ならではの上質な水を使ったビールを、常時6種類展開。醸造所隣には出来立てのビールを飲めるタップルームも完備しており、・・・続きはこちらから (more…)

弁当の新ブランド相次ぎ投入【かつみ工房】

Filed under: 流通・金融 — gunkeiadmin @ 9:00 AM

慶事向けの弁当「なかじま」

 仕出し弁当の製造販売を手掛ける、かつみ工房(高崎市緑町、中島大輔社長)は、新たに和食の仕出し弁当ブランド「なかじま」と、高齢者配食のブランド「はしな」を立ち上げた。このうち、「なかじま」では、既存の弁当に比べ価格帯を高めに設定し、法人の接待や会議、研修などの需要を見込んでいる。一方、「はしな」は前橋市と高崎市の高齢者配食サービスとして展開している。
 同社は洋食レストラン「シャクナゲ」(高崎市上並榎町)がプロデュースする弁当製造会社として、・・・続きはこちらから (more…)

配送エリアを県内全域に拡大【フードビート】

Filed under: 観光・サービス — gunkeiadmin @ 9:00 AM

フードビートの佐々木社長㊧と成吉思汗いし田の笠原オーナー㊨


 県内産野菜の宅配サービスを行うフードビート(高崎市貝沢町、佐々木順平社長)は、高崎市や前橋市に限定していた配送エリアを県内全域に拡大する。これまで、佐々木社長が農産物の食品流通から販売、配達まで1人で対応してきたが、新たに社員を採用し、配送をまかせられる態勢が整ったため、エリアを拡大することとした。今後は、佐々木社長が飲食店への営業活動やコンサルティングを行っていくことで、事業拡大を図る。
 同社は・・・続きはこちらから (more…)

2018年9月6日

働きやすさを意識【アイテク】

Filed under: オススメ記事 — gunkeiadmin @ 12:00 PM

高崎市問屋町の新社屋


 電気設備設計施工やFAシステム設計施工などを手掛けるアイテク(、北形信也社長)はこのほど、新社屋を建設し同市上並榎町から本社を移転、稼働を始めた。従業員の働きやすさや人材獲得などを意識したデザイン、設計とした。
 同社は1950年設立。66年に問屋町に移転し業務を行ってきたが、東日本大震災(11年)で旧社屋が被害を受けたため、本社機能を上並榎町に移していた。従業員の・・・続きはこちらから (more…)

「餅は餅屋」行政書士ふくろう事務所(前橋市)山田 俊介さん

Filed under: 今週の社長訪問 — gunkeiadmin @ 9:00 AM


 兵庫県生まれの山田さんは、東京の海運会社に20年間勤務。海運業務は契約が重要で、大学時代から勉強していた民法や商法の知識が役に立った。また書類作成のこつやノウハウも身に付けることができた。
 そんな経験を生かし、17年1月に行政書士の資格を取得。妻の実家のある前橋で同年4月に事務所をオープンした。
 同事務所で力を入れているのが・・・続きはこちらから (more…)

2 / 3123

ページトップへ戻る