2018年1月31日

「和」をテーマにしたラーメン店【麺屋 椿丸】

Filed under: 東毛 — gunkeiadmin @ 9:00 AM

店長の小山さんと副店長の都丸さん(左から)


 太田市内で居酒屋一休などの飲食店を手掛ける一休(太田市小舞木町、村上大賢社長)は17年12月19日、和の要素を取り入れた「ジャパニーズモダン」をテーマにした「麺屋 椿丸」(太田市飯田町、小山涼司店長)をオープンした。開店から約1カ月であるにもかかわらず、インターネットなどを通じて話題を呼び市外をはじめ近県からも客が訪れている。
 店長を務めるのは小山涼司氏。元々、中華が専門で中国料理調理師の中で最高位となる特級厨師の料理人から学んだ。小山店長は「農家の方々をはじめ、いろんな人に支えられて厨房に立つことができる。農家の人は最終消費者の前にはいない。農家の思いをつなげるのが料理人としての使命」と熱く語る。
 そんな椿丸の看板メニューは「特製ゆず塩そば」(税込980円)。スープは国産の親鳥と雌鳥、豚は骨を使わずぜいたくに豚肩ロースをミンチにし、昆布の王様と言われている羅臼昆布でだしを取り、香味野菜とアルカリイオン水でじっくり煮込んで仕上げた。あっさりと透明感のあるスープで、ユズもくせがなく優しい味わい。
 麺は中細のストレート麺。栃木県の製麺業者と何度も試作を重ね、完成させた。「ゆめちから」「きたほなみ」「春よ恋」の3種類の北海道産小麦を独自にブレンド。とんこつラーメンに近いものの、粉っぽさはなく、ほどよい弾力としなやかさが特徴。やや硬めにゆでるため、後半に麺が伸びることはなく、ゆっくりと味わえる。
 具材はねぎ、ユズ皮、三つ葉、穂先メンマ、チャーシュー、煮卵、海老しんじょう。中でも好評だというのが海老しんじょう。小山店長が海老蒸し餃子を応用し作ったもので、シソと自家製のネギ油を加えている。ぷりぷりな食感が楽しめる。
 メンマも柔らかな穂先メンマを使用。チャーシューは榛名ポークをたんぱく質が固まらないように4時間以上かけて低温調理し、見た目も鮮やかなピンク色。ユズ皮も切り置きせずに直前ですることで香りを飛ばさないようにしている。ネギも小口切りにし、ユズの香りを邪魔しないよう野菜の切り方も工夫している。三つ葉も和のエッセンスとして飾り付けに使用した。
 また、ゆず塩そば限定でおこげがつく。スープに浸して食べることを勧めていて提供後すぐにスープをかけておくと、おこげがスープを吸収し、もちもちな食感を楽しめる。スープを残さず最後まで飲んでほしいとのことから考案した。

調理する様子が見えるカウンター


 椿丸でこだわっているのはラーメンだけではない。サイドメニューには数量限定の四川式水餃子(480円)やラーメンとセット限定のぱっかい飯(はん)(380円)がある。
 四川式水餃子は小山店長が中国料理店での見習い時代に、そのおいしさに感激したためメニューにしたいと考えていた。海老入りの水餃子で八角・桂皮・シナモンなどをブレンドした四川風のオリジナルソースを絡めて食べる。
 ぱっかい飯は、蒸し鶏ごはんのようなもの。鳥もも肉を低温調理で柔らかく蒸し、野菜のだしを加えた自家製だれで食べる。これも中国料理で、小山店長が日本人向けにアレンジした自慢の一品。米にもこだわり、白米と同じ味わいでありながら、うまみや味わいが強い特徴を持つ「金芽米」を使用している。
 1階は寿司屋のカウンター席を思わせる席で11席。2階は座敷席など24席を用意した。「仕事を見てほしい」との思いからカウンターを下げ厨房が見えるようにした。店内には吉田兄弟の楽曲が流れ、和の雰囲気を重視。小山店長は「今後は額の中で着物を飾るなど、より和を重視した雰囲気作りを行っていく」としている。

2018年1月30日

認知症カフェ「ROBA ROBA」がオープン【吉岡町】

Filed under: 医療・福祉 — gunkeiadmin @ 9:00 AM

カフェ内で交流を楽しむ利用者たち


 吉岡町が昨年12月にオープンした・・・続きはこちら (more…)

2018年1月29日

リース・レンタル特集

Filed under: 企画特集 — gunkeiadmin @ 3:12 PM

前橋で洗濯代行サービス【ウォッシュ&フォールド前橋店】

Filed under: 未分類 — gunkeiadmin @ 9:00 AM

専用のバッグに洗濯物を入れて出す


 リネンサプライサービスを手掛けるクローバー・ジャパン(高崎市下室田町)はこのほど、洗濯代行サービスを行う「ウォッシュ&フォールド前橋店」(前橋市岩神町)をオープンした。高崎店(高崎市旭町)に次ぐ2店目で、共働き世帯や単身赴任の会社員のほか、病院の入院患者、福祉施設の入所者などからの需要も見込んでいる。
 同社は、アピッシュ(東京都渋谷区、山崎美香社長)にフランチャイズ・チェーン(FC)加盟し、11年に県内1号店となる高崎店をオープン。2店目として、ヤマダグリーンドーム前橋そばの、「ベイシアスーパーマーケット前橋岩神店」を核とする商業施設の一角に出店した。
 同店の洗濯代行サービスは、顧客の自宅などを訪れ、洗濯物を集荷し、個別洗濯、乾燥させた上で、畳んで自宅などに配達するもの。利用者は、スモール(5キロ)かレギュラー(8キロ)のいずれかの専用バッグ(税込500円)に、洗濯物を入れて出す。
 料金は詰め放題の定額制で、スモールの場合、集荷・届けは2200円、持ち込みは1500円。一方、レギュラーは集荷・届けで3000円、持ち込みが2200円。デリバリーサービスは半径3キロ圏内が対象エリア。

前橋市岩神町の商業施設内に出店


 店舗の広さは約90平方メートル。カフェを思わせる店内には、通常のコインランドリー(洗濯機1回400円、乾燥機7分100円)としても利用できる洗濯機(8キロ~24キロ)5台、乾燥機(14キロ・25キロ)8台を用意している。そのほか、ドライクリーニングも受け付けている。
 営業時間は午前6時から深夜零時までだが、スタッフが常駐するのは、午前9時から午後9時まで。年末年始以外は基本的に無休。
 同社では「高崎店では単身赴任中のサラリーマンや接骨院などの法人が利用している。高齢化が進む中、病院の患者や施設の入所者からの依頼も増加傾向にある。前橋でも広めていけたら」としている。
 アピッシュは現在、「ウォッシュ&フォールド」を、首都圏中心に約20店舗展開している。

2018年1月26日

女性経営者に〝改革術〟学ぶ

Filed under: 流通・金融 — gunkeiadmin @ 12:00 PM

講演した宮﨑女将

【IoT・AIを活用】
 県は17日、県公社総合ビルで群馬県プロフェッショナル人材戦略セミナーを開いた。「宿泊施設における生産性の向上と人材の活用」がテーマで、宿泊施設の経営者ら約100人が参加した。
 講師を務めたのは鶴巻温泉(神奈川県)の老舗旅館、元湯陣屋女将の宮﨑知子氏。元OLで二児の母だった宮﨑氏は09年、負債10億円で倒産の危機にあった夫の家業、元湯陣屋の女将に就任。自動車メーカーのエンジニアだった夫・宮﨑富夫氏は社長に就任した。
 宮﨑氏は「2週間で継ぐことを決めた。修行期間も引き継ぎもない中で、素人2人に短時間での業績改善が求められていた」と当時を振り返る。
 そこで宮﨑氏はまず、「物語に、息吹を。」というコンセプトを策定。その上で①高付加価値・高単価・低稼働率への方向転換②ブライダル事業のスタート③貴賓室の活用という経営改善方針を決めた。
 それらを実現するためには基幹システムが必要だったが、市販には適したものがなかったことから自社開発し、旅館・ホテル向けクラウドシステム「陣屋コネクト」が完成した。
 IoTやAIを活用。温度センサーや人感センサーによる風呂管理、ナンバー自動認識による出迎え、スタッフ間の会話の音声と文字での共有などを行った。
 一方で経営改革や従業員満足度向上などにも取り組んだ。休館日をつくり、週休3日制も採用した。これらの結果、宿泊単価は9800円から3万5000円、従業員は120人から40人、人件費27%減、離職率は33%から4%となった。
 その上で宮﨑氏は「経営者の仕事のやり方が変わらなければ現場は変わらない。現場、現物、現実を見て、決して諦めない覚悟」が経営者には必要などと指摘した。

元タカラジェンヌの遠山常務

【経営指針で社内一変】
 県商工会連合会(髙橋基治会長)は16日、ホテル木暮で新春講演会・新年互礼会を開き、各商工会会長ら約100人が出席した。講演会では漬物製造の赤城フーズ(前橋市)の遠山昌子常務が「タカラジェンヌから老舗企業の6代目に~逆境の中 走りつづけた その訳は~」のテーマで話した。
 開会に当たり髙橋会長は「昨年はグルメグランプリなど、ご支援、ご協力いただいた。今年も青年部、女性部とともに力を合わせて頑張っていきたい」とあいさつした。
 講師を務めた遠山氏は、前橋女子高を卒業後、宝塚音楽学校に入学し、00年から宝塚歌劇団宙組の男役〝遥海おおら〟として活躍。05年に退団し家業に入社、2児の母でもある。
 遠山氏は子供時代から、宝塚音楽学校に入り、デビューするまでを紹介。夢だった宝塚を退団した理由について「元祖カリカリ梅を開発した祖父の病状がよくないことを聞き、このままでは後悔すると考えた」と話した。
 入社したものの、「何をしたらいいのか分からず、社員ともコミュニケーションがとれなかった」という。そんな中で、群馬中小企業家同友会の「経営指針をつくる会」に参加し、学んだことを社内に取り入れたことで「会社が目に見えて変わってきた」。
 最後に遠山氏は「夢をかなえる方程式は『夢+明確な道筋+あきらめない+縁』。笑顔をつなぎ、200年続くような会社になれるよう挑戦を続けていきたい」と述べた。

完成現場見学会を実施【小林工業】

Filed under: 建設・開発 — gunkeiadmin @ 9:00 AM

戸谷塚町の倉庫内を見学中の参加者


 注文住宅・リフォーム建築・土木工事の小林工業(前橋市表町、小林要一社長)は・・・続きはこちら (more…)

2018年1月25日

「〝奇跡を起こす力〟」MANA(高崎市)日下 早苗 さん

Filed under: 今週の社長訪問 — gunkeiadmin @ 12:00 PM


 起業サポートや資金調達・資金運用コンサルティング・・・続きはこちら (more…)

高級住宅をラインアップ【オネスティーハウス 石田屋】

Filed under: トップ — gunkeiadmin @ 9:00 AM

新たに展開する「グランディア」のパース


 パナソニックビルダーズ(PB)グループで・・・続きはこちら (more…)

2018年1月24日

次世代DIYプロダクト【JUNOS TRADING】

Filed under: 東毛 — gunkeiadmin @ 9:00 AM

ユーザーの細かな希望に応える


 自動車のアクセサリー販売などを手掛けるJUNOS TRADING(ユノス・トレーディング)(太田市東新町、石井隆時代表)は、Prizmos社(米国デラウェア州)の次世代DIYプロダクト「CARISTA」の日本国内への・・・続きはこちらから (more…)

2018年1月23日

運動で子供の社会性を向上【NPO法人ソーシャルグッド】

Filed under: 医療・福祉,未分類 — gunkeiadmin @ 9:00 AM

「うごキッズ教室」での子供たちの様子


 NPO法人ソーシャルグッド(吉田恵美子理事長)は14日、未就学児から小学生までを対象とした子供の運動教室「うごキッズ教室」をスタートした。運動を通じて、・・・続きはこちらから (more…)

1 / 3123

ページトップへ戻る