2016年1月23日

温泉宿泊客は2・3%増【年末年始観光地】

Filed under: 観光・サービス — gunkeiadmin @ 9:00 AM

前年比6・7%増だった草津温泉

前年比6・7%増だった草津温泉

 県観光物産課はこのほど、15年度年末年始(15年12月29日−16年1月3日)の県内主要温泉地の宿泊、地区別スキー場の入込状況を発表した。宿泊者数は、前年比2・3%増の17万4245人となったものの、スキー場利用者は雪不足による営業見合わせなどから同30・6%減の16万6233人だった。 (more…)

2016年1月22日

経済団体新春パーティー

Filed under: 流通・金融 — gunkeiadmin @ 12:00 PM

伊勢崎商議所

伊勢崎商工会議所(古賀友二会頭)は14日、伊勢崎プリオパレスで新年互礼会を開いた。大澤正明知事や五十嵐清隆市長、地元選出の国会議員ら約200人が出席した。
古賀会頭は「伊勢崎商工会議所でも航空産業、医療産業、ロボット産業など次世代産業に力を入れていかなければならない。今年10月には創立70周年記念式典を行い、11月には役員改選も予定されている。今年1年が良い年となるよう皆さんと一緒に活動していきたい」とあいさつした。
来賓の五十嵐市長は「人口減少問題が課題だが、伊勢崎市は2050年、2060年になっても、人口を維持していきたい。何年経っても人口が減らない元気な伊勢崎市をつくる。結果的に群馬県の元気につながるはず」と述べた。
また、中曽根弘文参議院議員は「伊勢崎は工業、農業、商業のバランスがとれた市。ますます発展していくことを祈念している。今国会で、新たな法案として、改正都市再生特別措置法などを提出する予定。地域の活性化に対応していきたい」と話した。
地元選出の県議会議員などが祝辞を述べた後、乾杯が行われ、参加者は交流を深めていた。

館林商議所

館林商工会議所(河本榮一会頭)は14日、レストランジョイハウスで新年懇談会を開いた。商工会議所議員や行政関係者など約200人が出席し新春を祝った。
河本会頭は「今年は創立70周年を迎える。先人の尽力に感謝するとともに、新しい一歩となる。4月には大相撲館林つつじ場所が開催される、このイベントが地域の元気と福祉のために、市民にとって活力になると期待している。商工会議所としても会員のニーズをつかみ、良質な情報提供を行い発展のために尽くしたい」と述べた。
来賓の安樂岡一雄市長は「地方創生が本格化する中、本市としてもチャレンジする年にしたいと考えている。水と緑と人が輝く共創都市たてばやしの実現に向け全力で取り組んでいく、4月にはツツジとゆかりが深い全国各地の自治体や団体が集まる『つつじサミット2016in館林』や大相撲館林つつじ場所など、大きなイベントが行われる。必ず成功させる」とあいさつした。
続いて琴の演奏や、鏡開き、ダルマの目入れ式などが行われ、乾杯後の懇親パーティでは会員らが懇親を深めた。

渋川商議所

渋川商工会議所(寺島順一会頭)は12日、アネーリ渋川で新年互礼会を開いた。大澤正明知事や阿久津貞司市長などの来賓や会議所議員ら約140人が参加した。
寺島会頭は「今年は駅周辺の活性化に向け、何とか弾みをつけていきたい。地域経済を支える中小企業が元気になることが、地域経済活性化の原点。職員の資質の向上を図り、身近な存在として役に立ち信頼される商工会議所を目指していく」とあいさつした。
来賓の阿久津市長は「渋川駅前は店が少しづつ開きだし、名産品センター『しぶさん』もオープンした。また南部開発も進め、人口増につなげていきたい。商工会議所の皆さんと人口減少対策に取り組んでいきたい」と述べた。
小渕優子衆議院議員は「足腰の強い経済というものをつくっていかなければならない。来年の消費増税を考えると、今年が正念場の年。地域の中小企業、小規模事業者の皆さんが好景気を実感できる年にしていく必要がある」と話した。
その後、来賓紹介、祝電披露、鏡開き、永井勇副会頭の発声により乾杯が行われ、参加者は新年の訪れを祝った。

富岡商議所

富岡商工会議所、富岡法人会、富岡商店街連合会、富岡青色申告会、富岡市観光協会、富岡関税会は13日、富岡地域経済団体会員新年会をホテルアミューズ富岡で開いた。関係者約230人が出席し、新年の訪れを祝った。
主催団体を代表し富岡商工会議所の小堀良夫会頭は「富岡製糸場は世界遺産として3年目を迎えるが、来場者の推移が気になる。地域に望ましい町づくり、観光客が回遊する町づくりなど、満足度を与えられるための施策を行う」とした上で、「地域への愛着と自信を富岡ブランドとしたい」とあいさつした。
また、岩井賢太郎富岡市長は「世界遺産登録3年目の今年は流れを変える年。市民全員に見てもらい、理解してもらうことがおもてなしの第一歩となる。富岡シルクを日本、世界に発信するとともに、富岡製糸場を中心とした日本一の町づくりに協力してほしい」と話した。
さらに、観光面については「群馬の中心となって役目を果たし、世界遺産にふさわしい日本一のまちづくりを目指していきたい」と述べた。
その後、各団体代表による鏡割りと乾杯が行われ、会は盛大に盛り上がった。

県商工会連合会

県商工会連合会(高橋基治会長)は14日、渋川市伊香保町のホテル木暮で新春講演会・新年互礼会を開き、各商工会の会長ら約110人が出席した。
開会に当たり高橋会長は「各商工会の努力により、群馬県の小規模事業者持続化補助金の採択数は全国的に見ても多かった。本日の講演をそれぞれの商工会が参考にしてもらえれば」とあいさつした。
講演会では全国商工会連合会会長の石澤義文氏が「これからの商工会」と題して講演。石澤氏は「09年5月に会長になったが、事業仕分けで大変な痛手を受け、嵐の中の船出だった。その時、原点に戻り、徹底した人海訪問を行った」とし、今後については「会員の相談やニーズにこたえられる、能力のある指導員の養成が急務。頼りになる商工会を目指していきたい」と述べた。
また、参議院議員の宮本周司氏が「小規模企業振興基本法と今後の政策について」のテーマで話した。

新町商工会

高崎市新町商工会(金井貫会長)は12日、かがやで新年祝賀会「蔵開き」を開き、約90人が参加した。
冒頭、金井会長が「昨年まで当商工会に貢献された役員の皆さまには感謝するとともに今後も指導を願えれば幸い。これまでの事業に加えて新事業にも積極的に取り組んでいる。新町が活力あふれる魅力的な地域になるために役職員一丸で努力する」とあいさつ。
来賓の富岡賢治高崎市長も「高崎はわずかではあるが人口が増えている。今後も当市にできることをやっていき、安心して子供を産める街にしていくので協力を願いたい」と話した。
その後は栫憲記陸上自衛隊新町駐屯地司令の発声で乾杯が行われた。会員らが会食を楽しむ中、役員らによる恒例のだるまの目入れ、獅子舞と同町のキャラクター「しんまちゃん」の入場により盛り上がりを見せた。
会場では高崎市の地域にぎわいプロジェクト事業による「しんまちシャツデザインコンテスト」の最優秀デザインを基にして作成されたオリジナルシャツも披露された。

前橋青年会議所

前橋青年会議所(中島慎太郎理事長)は13日、前橋商工会議所会館で賀詞交歓会を開き、メンバーら約160人が参加した。
冒頭、中島理事長は第67代理事長に就任したことへの決意とともに「次代の責任世代である当会議所会員がさまざまな問題に目を背けることなく、主体的に取り組んでいく必要があると考えている。常に学ぶ姿勢を持ち、明るく豊かな未来の実現に向け、謙虚に前向きに着実に一歩ずつ歩みを進めていく」とあいさつ。
来賓の曽我孝之前橋商工会議所会頭は「中島理事長と群馬ブロック協議会会長に就任した都丸雄太氏には青年らしく勇気と情熱を持って運動に取り組んでいただきたい。前橋青年会議所が限りなく前進を続けられるよう祈念する」と祝辞を述べた。
その後、都丸群馬ブロック協議会会長のあいさつ、来賓の紹介、同会議所OBで特別会員の久松一夫氏による激励などがあった。小和瀬健直前理事長の発声で乾杯が行われ、参加者が会食を楽しむ中、今年度の役員紹介なども行われた。

勤怠管理システム更新【ジェイネット】

Filed under: 建設・開発 — gunkeiadmin @ 9:00 AM

端末と専用アプリの更新を行った

端末と専用アプリの更新を行った

 上毛資源グループで警備業や人材派遣業運営のジェイネット(前橋市高井町、佐伯一社長)はこのほど、以前から導入している勤怠管理システムの更新を行った。無駄な労力やコスト、環境負荷を削減することで請負先や警備隊員からも好評を得ており、業界の先駆者を目指す。 (more…)

2016年1月21日

「造形スペシャリスト」ファインモールド(高崎市)茂木正喜さん

Filed under: 今週の社長訪問 — gunkeiadmin @ 12:00 PM

茂木正喜さん

茂木正喜さん

 会社に置かれたFRP(繊維強化プラスチック)の木の切り株は、本物と見間違うほどの出来栄え。テーマパークを彩るキャラクターやマスコット、装飾品の造形スペシャリスト集団を率いる茂木さんは、夢とロマンを与える仕事を楽しんでいる。 (more…)

草加せんべいメーカーをM&A【藤澤ねぼけ堂】

Filed under: トップ — gunkeiadmin @ 9:00 AM

草加亀楽煎餅本舗の八幡店

草加亀楽煎餅本舗の八幡店

 藤岡市内に生産拠点を持つ菓子メーカーの藤澤ねぼけ堂(埼玉県ふじみ野市、藤澤武彦会長・藤澤祝彦社長)はこのほど、100%出資の新会社を設立、「草加せんべい」のトップメーカー、草加亀楽煎餅本舗(埼玉県草加市、沼口孝次社長)の事業を譲り受け、業務を開始した。同社初となるM&A(企業の合併・買収)案件で、直営店や従業員なども引き継いだ。技術力やノウハウを活用するとともに、高速道サービスエリア(SA)や大手百貨店などの販売ルートに自社製品を乗せることなどで相乗効果につなげる。今後も案件次第でM&Aを検討していくという。 (more…)

優先

Filed under: ぐんけい録 — gunkeiadmin @ 9:00 AM

ぐんけい録17年4月からの消費税の現行8%から10%への引き上げと8%の軽減税率導入の2点は決定済みだ。
 それは、連立内閣を組む公明党の要求を官邸主導の形で安倍晋三首相が受け入れたことによる。 (more…)

2016年1月20日

制服作る感動味わって【ツナシマ】

Filed under: 東毛 — gunkeiadmin @ 8:59 AM

〝制服は教材の一部〟がコンセプト

〝制服は教材の一部〟がコンセプト

 学校制服の製造販売などを手掛けるツナシマ(高崎市鞘町、綱島信夫社長)はこのほど、学生制服専門の桐生店(桐生市永楽町、綱島直也ゼネラルマネージャー)をオープンした。桐生市のほか、みどり市、太田市の一部の中学・高校の制服を扱う。しゃれた内外装や一人ひとりと顔を向き合わせた接客で、「制服を作る感動を味わってほしい」(綱島ゼネラルマネージャー)と意気込んでいる。 (more…)

2016年1月19日

医療通訳支援システム発売【C&T】

Filed under: 医療・福祉 — gunkeiadmin @ 8:59 AM

メディカルランゲージのメニュー画面

メディカルランゲージのメニュー画面

 医療関連事業を手掛けるC&T(前橋市石倉町、瀧澤清美社長)は、医療通訳支援システム「メディカルランゲージ」を開発、商品化した。医療現場の様々な場面に応じ、高精度の対訳を施した対話型の通訳支援アプリで、緊急現場などで、スムーズな情報伝達が可能となるもの。6カ国語に対応し、医師や看護師にヒアリングした6000の会話パターンを用意している。1月から医療機器などを販売するメディコ(高崎市箕郷町上芝、戸澤健社長)と総代理店契約を結び、本格販売に乗り出した。 (more…)

2016年1月18日

桐生籐工芸など3品目指定

Filed under: 製造・ソフト — gunkeiadmin @ 11:59 AM

桐生籐工芸

桐生籐工芸

 県はこのほど、「群馬県ふるさと伝統工芸品」の新規指定3品目と「群馬県ふるさと伝統工芸士」3人の新規認定を行った。
 同制度は、郷土の自然とくらしの中で育み、受け継がれてきた優れた伝統工芸品を指定し、産業の振興を図るとともに、製造従事者のうち、高度な技術や技法を保持する人を認定し、技術・技法の維持向上と後継者の確保、次代への継承を目的としている。 (more…)

自律神経活動を測定、解析【ペリテック】

Filed under: 製造・ソフト — gunkeiadmin @ 8:59 AM

自律神経測定システム一式

自律神経測定システム一式

 各種試験・計測器の開発を手掛けるペリテック(高崎市片岡町、平豊社長)はこのほど、自律神経活動の測定や解析を行うシステム「Mibyo−tech.HIKARI−NOZOMI」の販売を開始した。心電図・胃電図から、体動や筋電、環境ノイズを除去し、自律神経活動を可視化するもので、機能解析などの研究用として提供するほか、15年12月から始まったストレスチェック制度での活用を目指す。価格は50万円で、「正確なデータ抽出を可能とした上で、他社製品の数分の1の価格を実現した」(同社)という。 (more…)

ページトップへ戻る