2014年9月17日

売上部門・評価部門で2冠【花山うどん】

Filed under: 東毛 — writer @ 9:00 AM

2冠を達成した“鬼ひも川„

2冠を達成した“鬼ひも川„

 1894年創業のうどん店、花山うどん(館林市本町、橋田三造社長)の「鬼ひも川」が、8月22日から24日まで、東京都渋谷区で行われた「うどん天下一決定戦2014」(同実行委員会主催)に出場し、売上部門と評価部門の両方で1位を獲得した。前年にも評価部門で1位を獲得している。 (more…)

2014年9月16日

福祉専門の教授がサ高住【フエギ】

Filed under: 医療・福祉 — writer @ 9:00 AM

来訪者には美穂夫人の抹茶がふるまわれた

来訪者には美穂夫人の抹茶がふるまわれた

 福祉関連事業を手掛けるフエギ(高崎市新町、笛木俊一社長)は9日、初のサービス付き高齢者向け住宅「ゆうあいホーム」(高崎市新町)とデイサービス「ゆうあいホーム」(同)を開設した。笛木社長は日本福祉大学(愛知県)で、社会保障や公的扶助などを40年以上教え、現在も同大の名誉教授を務める福祉の専門家。オープンに先駆け5日から7日に開いた内覧会には、約300人が来場した。 (more…)

2014年9月15日

エントリー企業を募集【高崎スマートIC産業団地】

Filed under: 製造・ソフト — writer @ 9:00 AM

JR高崎駅に直結する産業団地

JR高崎駅に直結する産業団地

 高崎工業団地造成組合はこのほど、高崎スマートIC産業団地(仮称)への進出を希望する企業が敷地規模や用途などの概要を登録する「エントリー募集」を開始した。 (more…)

2014年9月14日

朝風呂営業(午前6時から)開始【京ヶ島天然温泉】

Filed under: 総合 — writer @ 9:00 AM

9月1日から午前6時からの朝風呂営業を始めた「京ヶ島天然温泉 湯都里」

9月1日から午前6時からの朝風呂営業を始めた「京ヶ島天然温泉 湯都里」

 日帰り温泉施設の「京ヶ島天然温泉 湯都里」(高崎市島野町、横手弘之社長)は1日から、午前6時からの朝風呂営業を開始した。温泉利用者の要望が多かったことから初めて実施したもので、11月30日まで試験的に行う。日中来店できない人や夜勤明けの労働者の利用を見込んでいる。「さらに開店時間を早めてほしいという声もある。一人でも多くの人に来店してもらうために検討していきたい」(同施設)。敬老の日にちなんだイベントも実施している。 (more…)

2014年9月12日

サンフードが福祉事業に参入【サンフード】

Filed under: 医療・福祉,流通・金融 — writer @ 12:00 PM

開設した「有料老人ホーム ぐるめ」

開設した「有料老人ホーム ぐるめ」

 東毛地区が地盤の外食チェーン、サンフード(みどり市笠懸町鹿、籾山和久社長)は、新たに福祉事業に参入した。事業部を立ち上げ、このほど初となるデイサービス併設の有料老人ホームをみどり市内にオープン。入居費用の安さや〝食のプロ〟による食事、ヒノキの風呂などが特徴。同施設の状況を踏まえ他地域での展開も検討していく。 (more…)

前橋教室を拡張移転【ユキバレエ】

Filed under: 流通・金融 — writer @ 12:00 PM
前橋市大渡町に移転オープンした

前橋市大渡町に移転オープンした

バレエ教室のユキバレエ(高崎市中尾町、平井有紀代表)はこのほど、前橋教室(前橋市大渡町)を同市大友町から移転しオープンした。規模を大幅に拡張、スタジオの貸し出しも行っている。 (more…)

11月、太田市内にモデルハウス開設【アイ工務店群馬支店】

Filed under: 建設・開発 — writer @ 9:00 AM
新モデルハウスの完成予想図

新モデルハウスの完成予想図

木造注文住宅販売・施工のアイ工務店(大阪市中央区、田中亘社長)群馬支店(前橋市下石倉町、板谷克美支店長)は11月、太田市内にモデルハウスを開設する。「家族に愛を、住まいにアイを」をテーマに、年間100棟以上の販売を目指す。 (more…)

2014年9月11日

提案型総合施設として改装オープン【群馬セキスイハイム】

Filed under: トップ,建設・開発 — writer @ 9:00 AM
石原和幸氏がプロデュースしたフロア(完成予想パース)

石原和幸氏がプロデュースしたフロア(完成予想パース)

県内住宅販売大手の群馬セキスイハイム(前橋市南町、石割大樹社長)は13日、本社ビルをリニューアルし新築住宅から土地活用、リフォーム、リガーデンなど住まいに関するすべてのニーズに対応する「Life style提案型総合施設」としてオープンする。昨年10月、5階を企画から運営まですべて同社の女性スタッフが携わった住空間ショールームとして新装オープンしているが、今回がその第2弾。1、3階は『世界一の庭師』と言われる石原和幸氏プロデュースによるショールームとなる。
JR前橋駅南口近くにある本社ビル(地下2階地上8階建て・地下は駐車場)1~5階をリニューアルオープンする。 (more…)

少子化

Filed under: ぐんけい録 — writer @ 9:00 AM

ぐんけい録 代ゼミの名で親しまれてきた代々木ゼミナール。その高崎校を含む20拠点の閉鎖、全国模試の廃止、センター試験の自己採点結果の集計・成績分析の取り止め等のニュースが波紋を投げかけている。
理由は、少子化による受験者数の減少、大学全入時代の到来、そして現役志向の高まりにある。
その影響は大きい。浪人生ばかりでなく現役生も不便になる。地方からの一流大学への進学が更に難しくなる。希望大学への進学のために頑張ろうとする浪人生も都会に下宿しなければならなくなる。親の負担も増える。
大学の40%が定員割れという現状から、大学側も恐々としている。とりわけ地方の私大や都会にあっても大規模大の場合には、学生の定員、質そして健全経営の確保等の対応に苦慮している。
なかには学生食堂の朝食無料化を実施した大学さえあるという。だが研究教育機関という大学本来の性格や使命を考える時、それは本来の道から外れている。
各大学が生き残りをかけて魅力や個性の発揮に一層努める。一工夫された生涯学習を推進する。文科省も大学の在り方を再々考すること等が求められる。
蛇足のようであるが、県立高校も統廃合が待ったなしにあることから目を背けてはなるまい。

「常に進化」笠盛(桐生市)笠原康利さん

Filed under: 今週の社長訪問 — writer @ 9:00 AM
笠盛 笠原康利さん

笠盛 笠原康利さん

明治10年創業の刺しゅう会社の4代目。親からの言葉で覚えていることは、世界恐慌の大変さだ。受注が減少する中、社員全員で力を合わせて乗り越えた話を今も覚えている。 (more…)

ページトップへ戻る