2014年7月24日

「足を運びつぶさに点検」日本銀行前橋支店長・冨田淳さん

Filed under: 就任 — writer @ 12:00 PM

 「身の引き締まる思いがするのと同時に、非常に楽しみでもあります」。支店長としての第一歩と、久々の〝支店らしい支店〟での仕事に、緊張感と高揚感が交錯する。 (more…)

「クラッシック・ミニ博物館」開設【伊香保おもちゃと人形博物館】

Filed under: トップ — writer @ 9:00 AM

さまざまなタイプのクラシック・ミニを展示する

 伊香保おもちゃと人形自動車博物館(北群馬郡吉岡町上野田、横田正弘社長)は12月1日、「クラシック・ミニ」を32(ミニ)台集めた「伊香保ミニ・ミュージアム」を開設する。「ミニの6輪車」「チョロQミニ」などさまざまなタイプをレストアして展示する。幅広い層にファンを持つ名車だが、ミニ専門の博物館開設は全国でも初のケースという。メーンターゲットは女性と子供。総投資額は6000万円を見込んでいる。 (more…)

地方議会

Filed under: ぐんけい録 — writer @ 9:00 AM

 兵庫県議の政務活動費の使途が問題となり、号泣場面がテレビで繰り返し放映された。
 昨年度の1年間に195回の日帰り出張で約300万円の交通費を使い、この間、約176万円の切手代を使ったという。
 出張は議会休会日に全国4カ所を1日おきに変えるだけ。こんないい加減な活動費が許されるのだろうか。まさに〝税金泥棒〟である。
 都道府県議の報酬は一般サラリーマンと比べはるかに高額。一番高い東京都議は月額100万円を超える。このほか、政務活動費という、もっともらしい公費が付くのだからこたえられない。
 その東京都議会でも女性議員に対する差別的ヤジが問題になった。ヤジを飛ばした議員は謝罪したが、釈明会見では「日頃から相当激しいヤジが飛んでいた」と発言。語るに落ちたとはこのことだろう。いずれにしろ、国会と市町村議会の間に位置する都道府県議会の活動は見えにくい。
 国会の動きはマスコミが毎日報道するし、身近な市町村議は身近な存在だし、この間に挟まれてか、一般も無関心になりがち。本県のような〝保守王国〟にあってはなおさらだ。
 この際、自分の選挙区の議員さんの活動状況を厳しい目でチェックするのもいいだろう。

2014年7月23日

日本一暑い町で刺激メニュー【館林商工会議所】

Filed under: 東毛 — writer @ 9:00 AM

試食会で辛さを体験した

 館林商工会議所(館林市大手町、河本榮一会頭)内の「激辛・激甘・激冷グルメ総選挙」実行委員会は10日、館林市役所で「第2回激辛・激甘・激冷グルメ総選挙」のオープニングセレモニーを開いた。事業説明や試食会のほか、参加グルメ店舗によるグルメ紹介のスピーチなどを実施。同市のマスコットキャラクター「ぽんちゃん」も駆け付け、イベントの開催を祝った。 (more…)

2014年7月22日

郵送がん検査が人気【メディック】

Filed under: 医療・福祉 — writer @ 9:00 AM

男性用セット(上)と女性用セット(下)

 メディック(高崎市あら町、三浦勇二社長)が実施している自宅でできる「郵送がん検査」サービスが人気を集めている。病院での検査に抵抗がある人などから支持されており、女性では子宮がん、大腸がん、男性の場合大腸がん、前立腺がんの利用が目立っている。 (more…)

2014年7月21日

高崎にEMSの新会社【OKIアイディエス(OIDS)】

Filed under: 製造・ソフト — writer @ 9:00 AM

穴田社長

 情報機器製造メーカーのOKI(東京都港区)はこのほど、EMS(生産受託)事業本部の所管企業として、OKIアイディエス(略称・OIDS、高崎市双葉町、穴田則明社長)を設立、稼働を開始した。OKIはハイエンド型EMS事業を経営戦略の最重要項目の一つに位置付け、設計から最終製品組立までの一貫受注体制を強化する中で、新会社は設計力を武器にした上流工程の試作開発や商品開発設計分野を担い、医療電子機器やカーエレクトロニクスなどの新市場開拓を目指す。 (more…)

2014年7月20日

移動水族館 引き合い増加【アクアセブンスシーズ】

Filed under: 総合 — writer @ 9:00 AM

標準タイプとして4基の水槽を配置。
このほか、魚と触れ合うコーナーもある

 水槽リースなどを手掛けるアクアセブンスシーズ(高崎市八幡町、麻生和伸代表)の移動式水族館事業の引き合いが増えている。直接、魚に触れることができるコーナーや、ガラスタイプの水槽をイベントに持ち込むもので、法人主催のイベントの盛り上げ役として定着しつつある。「海のないところでも、珍しい魚を目の前で見ることができる。イベントシーズンも本格的に到来するので、営業面も充実させていく」(麻生代表)。水槽のリースも引き続き行い、新規客を開拓していく。 (more…)

2014年7月18日

住宅づくりトータルサポート【ファイナンシャル・プランニングサービス(FPS)】

Filed under: 流通・金融 — writer @ 12:00 PM

高崎市高関町に開設した「すまいポート21高崎」

 合同会計グループで保険・資産運用コンサルティングを手掛けるファイナンシャル・プランニングサービス(FPS・高崎市矢中町、須永利治社長)はこのほど、住まいづくりをトータルサポートする「すまいポート21高崎」(高崎市高関町)をオープンした。住宅購入希望者と建築会社などをマッチングさせるもので、専属の建築士が要望をヒアリングした上で、ハウスメーカーや工務店による「設計コンペ」を実施するのが特徴。本業への相乗効果も期待している。 (more…)

前橋サンホテルがアパホテルに【ひと・コミュニケーションズ】

Filed under: 流通・金融 — writer @ 12:00 PM

改称しオープンしたアパホテル前橋駅北

 アパホテル(本社・東京都、元谷芙美子社長)とフランチャイズチェーン(FC)契約を締結している、ひと・コミュニケーションズ(本社・前橋市三河町、小池進社長)は8日、前橋サンホテル(同市三河町、小池常雄支配人)を「アパホテル前橋駅北」と改称しリブランドオープンした。さらに11月13日にはやはり同社が経営する伊勢崎サンホテル(伊勢崎市大手町23−12)を「アパホテル伊勢崎駅南」としてリニューアルオープンする。大手チェーンに加盟することで今後、寡占化が進む業界内で生き残りをかける。さらに、ひと・コミュニケーションズはM&A(企業の合併・買収)で5年以内にアパホテルFCを10カ所に増やすことを明らかにした。 (more…)

土木技術者の仕事をPR【県建設業協会】

Filed under: 建設・開発 — writer @ 9:00 AM

建設技術者の仕事を具体的に紹介している

 県建設業協会(青柳剛会長)はこのほど、小冊子「土木技術者ってどんな仕事?」の改訂版を発行した。建設業界でものづくりに携わりたい若者向けに発行したもので、今回は5000部を作成。県内建設系高校の1年生を対象に、建設業に関する説明会で使用。初の試みとしてハローワークにも配布する。 (more…)

ページトップへ戻る