2011年9月30日

住宅資料を一括請求【芹沢印刷工業】

Filed under: 流通・金融 — writer @ 12:00 PM

開設した「群馬住宅総合館」

 芹沢印刷工業(高崎市福島町、芹沢良幸社長)はこのほど、地場の注文住宅ビルダーを集積させたポータルサイト「群馬住宅総合館」(http://gunma-house.jp/)を開設した。匿名で各ビルダーの資料・カタログを一括請求できるのが最大の特徴。印刷業務の枠を超え、 (more…)

建設現場の省力化商品を開発【ユニテック】

Filed under: 建設・開発 — writer @ 9:00 AM

「横出し均平くん」での現場作業

 オリジナル建設機械の製造販売を手掛けるユニテック(太田市小舞木町、長澤要吉社長)は、道路工事の現場などで省力化が図られ、作業能率を高める機能を搭載した商品を開発して販売実績を伸ばしている。最近では、土砂の横出し装置付きダンプ「横出し均平くん」が、 (more…)

2011年9月29日

「建築業界に変化と進化を」リライフリビング(高崎市)服部敦さん

Filed under: 今週の社長訪問 — writer @ 12:00 PM

 「ホテル業界並みのサービスと、IT業界並みの情報を提供できるリフォーム会社が当社のモットー。お客様との出会いを大切に、 (more…)

スイスフラン

Filed under: ぐんけい録 — writer @ 9:00 AM

 円高、超円高を通り越した歴史的円高が続いている。電機、自動車、機械など輸出関連企業を多く抱える本県経済への影響は大きい。 (more…)

水路のふたの設置・運搬用台車開発【進和工業】

Filed under: トップ,製造・ソフト — writer @ 9:00 AM

重機や吊り具を使う必要が無く、作業員の疲労も大幅に軽減できる

 土木・外溝工事などを手掛ける進和工業(渋川市石原、赤尾和彦社長)はこのほど、U字溝に設置するコンクリート製の水路ふたを一人で簡単に設置できる台車装置を開発した。重機や吊(つ)り具を使う必要が無く、 (more…)

2011年9月28日

菜園デイサービスが特徴

Filed under: 東毛 — writer @ 9:00 AM

農作業など屋外での活動を楽しむ利用者

 各種教材や事務用品の販売などを手掛ける三和教材(桐生市相生町、黒澤清市社長)はこのほど、住宅型有料老人ホーム「高齢者福祉シェアハウス・えがお相生」(桐生市相生町)と「デイサービスえがお」(前同)を開設した。約360平方メートルの畑で野菜を栽培する (more…)

日本テクノと取次店契約【ナカジマ・プランニング】

Filed under: 製造・ソフト — writer @ 9:00 AM

電力使用状況をリアルタイムで表情で表す「ERIA」

 ハウスクリーニングのスマイルサポート前橋(前橋市三俣町)の運営などを手掛けるナカジマ・プランニング(高崎市上並榎町、中嶋淳社長)はこのほど、電力の“見える化”を実現する「スマート メーター・ERIA」を軸に据えた省エネコンサルで注目を集める日本テクノ(東京都新宿区)と販売取次店契約を結んだ。エアコンクリーニングが好評のナカジマ・プランニングにとっては (more…)

2011年9月27日

高齢者虐待への対応強化【県】

Filed under: 医療・福祉 — writer @ 9:00 AM

 県は、高齢者虐待に対して適切な支援が行えるよう、市町村と地域包括支援センターを対象にした専門相談窓口を7月開設した。群馬弁護士会、群馬司法書士会、 (more…)

2011年9月26日

新たな特殊立地を開拓【セーブオン】

Filed under: 流通・金融 — writer @ 12:00 PM

イートイン併設タイプの館林苗木店のイメージ図

 コンビニチェーンのセーブオン(前橋市亀里町、土屋嘉雄社長)は、新たな“特殊立地”を開拓する。9月1日に、栃木県真岡市の病院内に出店したのに続き、10月下旬には新潟県妙高市の道の駅にオープン。今後も集客が見込める施設内への出店を推進していく。また11月には、イートインコーナーを併設した新デザインのモデル店を館林市内にオープンする。
 1日に開店したのが初の病院内店舗となる「芳賀赤十字病院店」。病院内のレストラン経営者がフランチャイズ加盟し、約20席のレストランスペースを残しつつ約100平方メートルの売り場を設けた。紙おむつの品ぞろえを強化するなど、病院内ならではの商品構成とした。営業時間は午前7時から午後9時まで。
 また、「道の駅あらい」内への出店も計画。同道の駅は国道18号沿いにあり、上信越道あらいパーキングエリア(PA)にも隣接しており、同PAからもハイウェイオアシスとして利用可能。敷地内にはホテルや回転ずし、牛丼店などが集積。同社では空き店舗に開設する予定。
 同社の「特殊立地」への出店としては、08年3月に北関東道波志江PA内、10年4月には伊勢崎市役所、同年12月には高崎駅構内の商業施設「イーサイト高崎」内にオープンしている。特にPA内とイーサイト高崎内の店舗は好調だという。
 一方、イートインを備えた新デザインのモデル店となるのが「館林苗木店」。国道354バイパス沿いの街道立地で、売り場面積は6席のイートインスペースがあるため、通常より広い約170平方メートルとなる。
 建物上部のファサード看板のデザインを変更。オレンジと黄色のラインを細く、すっきりさせた。内装はイーサイト高崎店で採用し好評な、グレーや茶色を基調とした落ち着いた雰囲気。照明はLEDに統一する。
 同社では「特殊立地に関しては、確実な集客が見込め、ビジネスが成り立つ場所に出店していきたい。イートインは動向を見極めた上で、標準化させるか決めたい」としている。

直管付きアルミエルボ開発【アルミテック】

Filed under: 製造・ソフト — writer @ 9:00 AM

写真上が従来のR止まりエルボ。下が新開発の直管付きエルボ

 アルミ配管継手製造のアルミテック(前橋市粕川町女渕、池内辰暢社長)はこのほど、直管部の付いたアルミ製エルボを開発、販売を開始した。継ぎ目のないシームレス管で、 (more…)

ページトップへ戻る