2011年7月31日

靴の中に張る新商品発売【メタルメガ炭素研究所】

Filed under: 総合 — writer @ 9:00 AM

シリーズ商品のシリコン製リング

 メタルメガ炭素研究所(伊勢崎市山王町、宮田秀明社長)はこのほど、靴の中に張るだけで、強い防臭・殺菌効果や血流増進が期待できる「フットC」を開発した。「マイナスイオンで血流増進」を、 (more…)

2011年7月29日

目指せ、ギネス更新【地球屋】

Filed under: 流通・金融 — writer @ 12:00 PM

ギネス記録の「つるし飾り」と鈴村社長

 ギネスブックに認定された「つるし飾り」のさらなる記録更新を−−。地球屋(北群馬郡榛東村上野原吾妻山、鈴村由仁社長)は東日本大震災被災者を励まそう、と15日、『5500個ゴーゴープロジェクト』を立ち上げた。現在、3000個の「つるし飾り」で世界一の認定を受けている同店だが、 (more…)

ハリウッドの世界が店内に【KANSAI】

Filed under: 流通・金融 — writer @ 12:00 PM

ガラスケースにハリウッドの“お宝”が並ぶ

 ハリウッドの貴重なコレクションを眺めながら−−。お好み焼きともんじゃ焼きの専門店「KANSAI」を展開するコラボレーション(伊勢崎市曲輪町、山﨑健一社長)は27日、「KANSAI伊勢崎宮子店」(伊勢崎市宮子町)をオープンした。ハリウッド映画でブラッドピットやジャッキーチェンなどが実際に使った衣装、 (more…)

伊勢崎清明高普通教室棟に「ガス式」エアコン導入

Filed under: 建設・開発 — writer @ 9:00 AM

21教室分(3学年7クラス)に設置したエアコン

 県立伊勢崎清明高等学校は、生徒の夏季の快適な学習環境を確保するため、このほど普通教室棟に都市ガスを利用した省電力の空調装置「ガスヒートポンプエアコン」(GHP)を導入した。装置の設置は、 (more…)

2011年7月28日

「与えることの喜び」アック(前橋市)阿佐美 賢兼さん

Filed under: 今週の社長訪問 — writer @ 12:00 PM

 手渡された名刺には「食器コーディネーター」の肩書き。「約30年間食器に携わってきた経験や知識を生かせれば」と、今年からインターネット(http://set-the-table.com)を活用した飲食店向け食器販売の新事業をスタートした。
 大学卒業後、 (more…)

加油

Filed under: ぐんけい録 — writer @ 9:00 AM

 東日本大震災から4カ月目を迎えた時、耳を疑う報道があった。内容は、被災地域の大学で学ぶ私費留学生に対して国の緊急措置として12万5千円の奨学金を支給する。ただし (more…)

持ち株会社設立 中堅・中小のグループ化推進【日本精密測器】

Filed under: トップ,製造・ソフト — writer @ 9:00 AM

渋川市中郷の日本精密測器の本社。今後も持ち株会社を核に将来有望な中堅・中小企業のグループ化を推し進める

 血圧計メーカーの日本精密測器(渋川市中郷、君浦康友社長)はこのほど、持ち株会社「日精ものづくりホールディングス」(本社・社長同)を設立、業務を開始した。すでに日本精密測器と昨年秋にグループ会社化した日亜鍛工(富岡市妙義町北山、君浦康友社長)の2社を傘下とする形で事業展開しており、 (more…)

2011年7月27日

業界初 グリップ位置検査装置【小寺製作所】

Filed under: 製造・ソフト — writer @ 12:00 PM

レーザー部分でグリップ位置を確認

 旋盤、フライス加工を手掛ける小寺製作所(甘楽郡甘楽町福島、小寺勇代表)はこのほど、ゴルフクラブ向けの「グリップ装着位置誘導検査装置」を開発した。クラブに対し、正確にグリップを取り付けることは、精度の高いショットを打つ上で、欠かせないが補正器具はほとんどなく、ショップ店員らの経験と勘に頼っていた。今回の装置は1台でどんなクラブにも対応できるようにした業界初の商品。ゴルフ用品店などへの需要を見込んでいる。

クラブヘッドの形状を問わず対応できる

 ゴルフクラブにはグリップが付き物だが、自分に合ったものに交換しようと既存のものから付け替えるプレーヤーは多い。交換作業は難しいため、ショップなどに依頼するケースがほとんどだが、調整はスタッフの手作業により行われており、微妙な狂いが生じるケースもある。
 開発した装置は、手作業による微妙な狂いをなくし、誰でも簡単に、精度の高いグリップ交換をできるようにしたもの。同社はあるクラブメーカー向けにライ・ロフトゲージを生産していた実績があり、今回の装置も同メーカーから依頼を受け、取り組んだものだが、出来も良く市販していくことにした。
 使い方はまず、台座にシャフトを軽く固定。クラブヘッドにはスコアラインと呼ばれる溝が彫られているが、この部分に独自の固定治具を当てることで、フェースの向きを調整するとともに、グリップの中央にはマーカーが取り付けられており、ここにレーザー光線を照射することで、正しいグリップ位置を確認できる仕組みとなっている。
 スコアラインのないパターやウッドでも対応できるよう治具に工夫を施しており、構造については特許を出願済み。定価は本体が39万円、レーザープロジェクターが7万円となっているが、現在は発売記念としてプロジェクターをサービス提供している。
 開発者の小寺隆明さんの話 当社は以前、アイアンマスター(金型)を製作していた経験があり、クラブの構造を熟知していたことが、装置開発に生きた。慣れてくれば1分程度でグリップ装着が可能となるので、ゴルフショップなどに導入できれば。

「絹わた」でくるぶしウォーマー【エアリンシルク】

Filed under: 東毛 — writer @ 9:00 AM

特許技術である「絹わた」

 絹布団の製造・販売を手掛けるエアリンシルク(桐生市浜松町、住谷雄一社長)はこのほど、同社の独自技術である「絹わた」を使ったくるぶしウォーマーを商品化、販売を開始した。織物にも国産絹を使用するなど、 (more…)

2011年7月26日

県内初のカレーショップ業態【ホットランド】

Filed under: 流通・金融 — writer @ 12:00 PM

高崎店と同様のフードコート業態、品川店のイメージパース

 たこ焼き店「築地銀だこ」を全国展開するホットランド(桐生市広沢町、佐瀬守男社長)は29日、新業態「銀カレーTOKYO」の県内1号店を、「イオンモール高崎」(高崎市棟高町)内フードコートにオープンする。「銀カレー」は2種類のカレールーに8種類のトッピングを自由に組み合わせ、 (more…)

ページトップへ戻る