2011年2月19日

第44回「地元密着のアートイベント」【中之条ビエンナーレ総合ディレクター 山重徹夫】

Filed under: 成功させよう群馬DC,連載 — writer @ 9:00 AM

【成功させよう「群馬デスティネーションキャンペーン」第44回】
 07年より「中之条町は美術館に変わります」をキャッチコピーに始めたアートイベントが今年で第3回を迎えることになった。
 今年は「群馬デスティネーションキャンペーン」と、2年に一度の「中之条ビエンナーレ」が重なる絶好のPRの機会である。初年度の集客数は延べ4万8千人と好スタートを切った当イベントは、前回は大幅に集客数を増やし延べ16万人を記録した。
 「中之条」=「アートの町」というイメージも定着しつつあり、第3回を待ち望むファンの数も多くなってきている。今年は30万人の集客目標をかかげて、運営スタッフ一団となって準備に奮闘しているところだ。
 昨年に合併した六合村を含め、前回の規模から会場も広がり、参加するアーティストの数も現時点で120人を超えた。旧六合村には昔ながらの古い文化風俗が今でも息づいていて、訪れた参加アーティストを魅了し制作意欲をかき立てている。
 地元住民達は、この機会に魅力的な土地をお客さんに見てもらおうと、会場入り口に地産ショップを開いたり、無料でお茶を出せる休憩所を計画しているところだ。
 中之条ビエンナーレの一番の魅力は、この土地に溶け込んだアートイベントであることだろう。受付を始め、会場の案内をするのは地元のおじいちゃんやおばあちゃん達で、外から来るアーティストやお客さんを快くもてなしてくれる。この上州の魅力的な気質は観光客の心を打ち解けさせ、気が付くと会場の受付付近などで一緒にお茶を飲んで談笑している光景をよく見かけた。
 昨年7月、中之条ビエンナーレを運営していたアーティスト達も中之条に移り住み、「中之条町ふるさと交流センターtsumuji」という施設を運営することになった。作家モノの商品を取りそろえるショップや地産のケーキなどを味わえるカフェのほか、暖炉のあるホールや個性的な7つのテナントが軒を連ねている。
 今回はこのtsumujiが中之条ビエンナーレの総合受付とインフォメーションとなり、イベントの情報収集やワークショップ参加申込みなどができる。
 まずは中之条ビエンナーレのプレオープンとして「温泉郷美術祭」(7月16日〜31日)を開催する。本番のビエンナーレ(8月20日〜10月2日)では見ることのできないアーティストの滞在制作を公開することやワークショップの事前開催など様々なことを企画している。

2011年2月18日

藤岡に大型美容室【poja】

Filed under: 流通・金融 — writer @ 12:00 PM

駐車スペースは約30台をそろえている

 美容室の「poja(ポジャ)」(富岡市宇田、横田直哉代表)は15日、県内最大規模となる「poja藤岡」(藤岡市白石)をオープンした。キッズスペース付きの個室やベッド型のシャンプー台、ipad(アイパッド)活用のカウンセリングなどが特徴。横田代表は「日々の疲れやストレスを癒(いや)せる空間。リラックスして過ごしてもらえれば」としている。 (more…)

ガーデンサービス研究会、発足【高崎松風園】

Filed under: 建設・開発 — writer @ 9:00 AM

庭木の剪定も基本料金3000円(税抜き)から

 ガーデニング、陶器販売の高崎松風園(高崎市八幡原町、山口俊彦社長)はこのほど、全国の造園、エクステリア、園芸販売店4社と「ガーデンサービス研究会」を立ち上げた。1社では困難だった庭まわりのメンテナンス事業についての品質基準確立や標準価格設定、 (more…)

2011年2月17日

「心を込めて」女屋食品(前橋市)女屋真人さん

Filed under: 今週の社長訪問 — writer @ 12:00 PM

 手づくりに、こだわり続け−−。ホテルや結婚式場で料理人として腕を振るい、34歳の時に独立。業務用総菜メーカーとして、心を込めた“無添加印”を届けている。料理職人として30年余り、 (more…)

大学受験

Filed under: ぐんけい録 — writer @ 9:00 AM

 「不景気は国公立に有利」という表現を耳にしたことがあるだろうか。
 それは、景気のよい時には、私立大学への志願者が増える。反対に、 (more…)

時間外診察費の微収増える【県内基幹病院】

Filed under: トップ,医療・福祉 — writer @ 9:00 AM

時間外診療費について受付で知らせる桐生厚生総合病院

 県内の基幹的な病院で、夜間や休日に受診した軽症患者から、保険診療費負担分とは別に千~四千円の時間外診察費を徴収する動きが目立ってきた。保険外の実費分で病院の収入とはならないが、 (more…)

2011年2月16日

初の自社ホールオープン【東毛式典】

Filed under: 東毛 — writer @ 9:00 AM

桐生相生町にオープン

 葬祭サービスの東毛式典(桐生市境野町、新井康信社長)はこのほど、本社隣に家族葬など小規模な葬儀向けの「なごみホール」を開設した。境野地区に同様のホールがなく、地域住民から要望が寄せられていたため、 (more…)

2011年2月15日

救急医療体制確保に注力【県】

Filed under: 医療・福祉 — writer @ 9:00 AM

#8000のラッピングを施したおりひめバス

 県は救急医療患者の受け入れ体制を強化するため、新年度から二次救急医療機関の勤務医を対象とした救急医療専門研修を開始する。医師の専門化・細分化が進んだことで、 (more…)

2011年2月14日

レーザー彫刻分野に参入【エムケイ製作所】

Filed under: 製造・ソフト — writer @ 9:00 AM

ストラップやウエルカムボードなどさまざまな商品を用意

 抜型、フレキソ製版製作のエムケイ製作所(高崎市小八木町、松本満社長)はこのほど、レーザー彫刻によるオリジナル加工品の販売を開始した。顧客の要望に応じたデザインを施したアクリルストラップや木札、ウェルカムボードなどを提供するほか、 (more…)

2011年2月13日

「慶応3年創業、手づくり菓子に、こだわり」みわや

Filed under: 連載 — writer @ 12:00 PM

藤岡市内では最も歴史のある菓子店

 慶応3年の創業以来、一貫して手づくり菓子に、こだわり続ける「みわや(法人名・三和屋)」(恵後原力夫社長)。菓子職人が和洋の品々を巧みな技術で仕上げ、 (more…)

ページトップへ戻る