2010年11月25日

「スタッフは宝」PAL(高崎市)細原けさこさん

Filed under: 今週の社長訪問 — writer @ 12:00 PM

 オフィスへ入ると目に留まるのがタレントのブロマイドを思わせる16枚のメーンスタッフの写真。それぞれが (more…)

気骨

Filed under: ぐんけい録 — writer @ 9:00 AM

 9月25日に尖閣列島沖の中国漁船衝突事件を契機として、菅直人内閣に対する不支持率が支持率を上回っている。
 その要因は、 (more…)

来春、自然生かした新施設【とんとん広場】

Filed under: トップ,流通・金融 — writer @ 9:00 AM

来春のオープンを目指し整備が進む「ざわざわ森」

 林牧場 福豚の里 とんとん広場(前橋市三夜沢町、林きみ代社長)は来春、近隣地に農業体験ができる畑、ログハウス、いろり小屋、バーベキューサイトなどを備えた敷地1万平方メートル近い新施設「ざわざわ森」をオープンする。ファミリー層がメーンターゲットで (more…)

2010年11月24日

省エネ型ハウス加温装置を発売【三友金属】

Filed under: 東毛 — writer @ 9:00 AM

耐久性を高め本格販売する省エネ型ハウス加温装置

 洗浄機、省力機械などの工場設備製造販売を手掛ける三友金属(みどり市笠懸町阿左美、大澤淳社長)は、燃料費を削減し、CO2(二酸化炭素)排出量削減にもつながる省エネ型農業用ハウス加温装置の本格販売に乗り出す。データ収集などに使用したテスト機から耐久性を大幅に向上させたほか、 (more…)

2010年11月23日

装具で痛みが大幅改善

Filed under: 医療・福祉 — writer @ 9:00 AM

軽量で上から服を着ても違和感がない

 群馬大学医学部保健学科理学療法学の渡邊秀臣教授(同学科学科長)と、義肢・装具・リハビリ機器製作のP.O.サポート(高崎市福島町、井ノ瀬秀行社長)が共同開発した変形性股関節症治療の装具「WISH」が成果を上げている。軽量で装着しやすく、 (more…)

2010年11月22日

軌道自転車に参入【三立応用化工】

Filed under: 製造・ソフト — writer @ 12:00 PM

商品化した「レールスライダーX」(運転者は菊地良之専務)

 プラスチック応用製品の設計製作を手掛ける三立応用化工(伊勢崎市香林町、佐羽宏之社長)はこのほど、乗用鉄道模型で培ってきた技術を生かし、軌道自転車に参入した。一般的な鉄道よりも線路幅が狭く、 (more…)

子ども専用の“抱かれ枕”【プレジール】

Filed under: 製造・ソフト — writer @ 9:00 AM

頭、首だけでなく体を両側から包み込み安心感を提供する

 寝具メーカーのプレジール(高崎市中尾町、登坂好正社長)はこのほど、成長期の眠りをサポートする子ども専用抱かれ枕「アーチピローKIDS」を商品化した。通常の枕のように頭と首だけでなく、体を両側から包み込み安眠を提供する人気枕「アーチピローシリーズ」を子ども向けに改良したもので、 (more…)

2010年11月21日

フリード【ホンダ】

Filed under: インフォメーション,新商品・新車情報 — writer @ 12:00 PM

コンパクトなボディーサイズの「フリード」

 ホンダはコンパクトなボディーサイズに、使いやすいゆとりの室内空間、スタイリッシュデザインなどで好評のコンパクトミニバン「フリード」をマイナーチェンジし、全国のホンダカーズの販売店を通じ発売した。
 CVTのフリクション低減などの改良により、 (more…)

子供向け木工品の製作に力【スタジオキューブ】

Filed under: 総合 — writer @ 9:00 AM

桐の無垢材を使ったおままごとキッチン

 店舗などの設計施工を手掛けるスタジオキューブ(伊勢崎市田部井町、田澤仁美代表)は、子供向けの木工品の製作に力を入れる。木のおもちゃなどを集めたショールームを開設。さまざまな木工品を (more…)

2010年11月20日

第33回「視神経の疲れには猿ケ京のお願しょめぐりを」【猿ケ京温泉魅力向上委員会委員長 持谷明宏】

Filed under: 成功させよう群馬DC,連載 — writer @ 12:00 PM

【成功させよう「群馬デスティネーションキャンペーン」第33回】
 インターネットの発明でパソコンの前に座る仕事が主流となった昨今、視神経の疲れから体の不調を訴える諸氏が増加中と聞く。その場合、猿ヶ京の目の薬師さまに参ろう。かすみ目、近眼、老眼、そして何より疲れ目に効くと言われるが、くれぐれも個人差があるのでその点留意されたい。
 目の薬師様は猿ヶ京に伝わるお願しょ(パワースポット)の一つで、国道から分かれた民宿通り沿いの民家のかたわらに立つ小屋の中に鎮座している。この通りは江戸の時代に日本橋から高崎までは中山道、高崎から分かれて北上、最大の難所国境の三国峠を越えて越後の出雲崎まで至る三国街道に当たっている。言わば江戸と北陸を結ぶメインロードであった訳だが、上は大名や武士、下は佐渡送りの罪人まで、さまざまな階級が行き来してにぎやかだったらしい。それら旅人を見守った石仏や石宮が今に残る猿ヶ京のお願しょとなって現代人の様々な体の痛みや悩みに応えて活躍している。
 メタボリック症候群の克服や美肌願望の諸氏にはいぼとり地蔵、耳だれ耳鳴りには耳だれ地蔵、浮気封じや合格祈願まで面倒を見てもらえる願い事の総合病院の体をなしている。他にも今話題のパワースポットとして温泉街から離れた山林に位置する縁結びの滝やら、赤谷川沿いのカッパ広場にあり河童の秘薬の民話にちなむ、カッパ地蔵のファミリーもお願しょに含まれている。
 これらのお願しょめぐりは、まんてん星の湯などで猿ヶ京温泉ガイドなるマップを入手され、徒歩あるいは電動補助付自転車をレンタルして、天気の良い日に回られることをおすすめしたい。詳しい解説を聞きながら回るには地元のガイドも有料で前日までに予約することができる。
 来年7月から9月の群馬DC(デスティネーションキャンペーン)期間中には民宿通りのいちむ茶屋で冷たい麦茶や奇麗なトイレを利用できるサービスが行われる。また期間中の温泉祭を除く毎週土曜日に国道沿いの関所資料館で民話の夜語りを無料で聞くことも可能だ。
 デスクワークでお疲れの諸氏、もともと大地の裂け目から温泉が沸き出でるパワースポットに位置する猿ヶ京を訪れ、温泉とお願しょのパワーを吸収して行かれることをDC期間にかかわらずおすすめしたい。

ページトップへ戻る