2010年9月20日

エネルギーコスト一目瞭然【杉原SEI】

Filed under: 製造・ソフト — writer @ 9:00 AM

1ユニットで8チャンネルまで対応できる

 プリント基板の設計・製作、ソフトウエア開発を手掛ける杉原SEI(伊勢崎市今井町、杉原俊夫社長)はこのほど、RFIDソリューション技術を駆使し、エネルギー(電力)コスト及びCO2排出量の「見える化」を実現したモニタリングシステムを発売した。工場や事務所内の分電盤内に8チャンネルまで計測可能な独自の電力計測ユニットを取り付けるとともに、 (more…)

2010年9月19日

「歯のホワイトニング」話題に【ラヴィアンローズ】

Filed under: 総合 — writer @ 12:00 PM

店舗は高崎市上中居町

 女性専用エステティックサロンのラヴィアンローズ(高崎市上中居町、斎藤真理代表)は、エステ業界では珍しい歯のホワイトニングを行っており、幅広い年齢層が来店するなど話題を集めている。お試しキャンペーンやモニターを募集し、 (more…)

レンタルスタジオ好評【クリエーション】

Filed under: 総合 — writer @ 9:00 AM

背景付きの撮影スペースを完備している

 出張撮影などを手掛けるクリエーション(高崎市飯塚町、辻道雄代表)が行う、自社の撮影スタジオと機材などを一式貸し出すプランが好評だ。アマチュアカメラマンの利用やコスプレイヤー、友人同士の撮影パーティーなど県内外から利用者が訪れるほどで、 (more…)

2010年9月18日

第24回「これからの観光…体験と新発見」【東吾妻町観光協会会長 轟徳三】

Filed under: 成功させよう群馬DC,連載 — writer @ 12:00 PM

【成功させよう「群馬デスティネーションキャンペーン」第24回】
  従来からの観光のスタイルというと、全国に名が通る温泉地に大型観光バスを数台連ねた団体が繰り出すという形、あるいは大資本による都市地域へのテーマパークが造成され、そこに全国から多くの誘客を図るというものがスタンダードであったものです。
 この形態は、我が国の高度成長の時代を反映したもので、人々は高価な利潤を求めた経済活動の中で働き、その余暇を観光の中において日頃の生活から離れた空間を探したものだったのかも知れません。
観光のすがたも時代の変遷により、その形態に変化が現れているのは事実で、著名な観光地一辺倒のものから、全国的には埋没しがちではあるけれど、地域の中に確かに息づいている中小の温泉地の存在も見直される時代となっています。
東吾妻町は、典型的な中山間地域にあり農業を主産業とした地域形成がなされ、集落と農地の背後には広大な森林が連なり、清涼な空気の生成と、山地で育まれた湧水が幾筋もの沢となって水田の用水や中小河川に注がれて、まさに農村の原風景を形づくっています。
 また、各地域には豊作への祈願と感謝を捧げた「祭り」が継承され、生活スタイルが都市化する農村にあって心のよりどころとなる祭りの姿は、人々が地域を再認識できる舞台ともなっています。
 全国的に都市と農山漁村の交流が活発に行われつつありますが、当町においても都市に住む人々に来ていただき、野菜の収穫の体験をしていただく試みが始まっています。
 店頭に並ぶ前の野菜本来の姿を畑の中に発見して実際に収穫し、畑で出会う生産農家の方々とのふれあいと交流が、何よりの収穫であってほしいと思います。
 そのほか、現在、当町が新たな観光資源として整備している地域が「須賀尾宿」です。旧信州街道の宿場町であった須賀尾地域に、昨年度から屋号看板や案内看板を設置しています。将来的には農産物直売所やお休み処などを整備し、人々が散策しながら楽しめるスポットにしていきたいと考えております。
 これからも観光客を引きつけるため、群馬デスティネーションキャンペーンのメインタイトルである「わくわく体験、新発見」をテーマに事業展開をしていきます。 
 従来からの当町の観光資源である岩櫃山、浅間隠山、吾妻渓谷をはじめ、地域に息づいてきたそれぞれの効能をもつ温泉と素朴な温泉宿、野菜の収穫体験や須賀尾宿の整備など多様な観光スタイルに合わせられるよう、さらなる磨き上げをしていきたいと思います。

会議室直結リフト完成【ホテル磯部ガーデン】

Filed under: 観光・サービス — writer @ 9:00 AM

コンベンションホール直結。横は高橋専務

 ホテル磯部ガーデン(安中市磯部、櫻井丘子社長)はコンベンション新館に直結する荷物専用(積載1トン)エレベーターを付設した。「想定していた会議、宴会需要以外に展示会の利用が多い」(高橋和之専務)ことに対応したもので (more…)

2010年9月17日

「パワーモール」の展開スタート【ベイシア】

Filed under: 流通・金融 — writer @ 12:00 PM

12月に第1期オープンとなる「パワーモール前橋みなみ」

 ベイシア(前橋市亀里町、高山正雄社長)は、県内最大級のショッピングセンター(SC)となる、「パワーモール前橋みなみ」(前橋市新堀町)の計画概要を発表した。総敷地面積約23万平方メートルに、ディスカウント色の強い大型店など約30店舗を集積させる本格的パワーセンターで、3期に分け段階的にオープンする。今年12月にベイシアグループの店舗などが出店し、 (more…)

打撃式グレーディングマシン導入【YK建物】

Filed under: 建設・開発 — writer @ 9:00 AM

測定装置で含水率を計る永田社長

 住宅建築のYK建物(伊勢崎市下触町、永田正彦社長)は18日、マイクロ波含水測定機を搭載した打撃式のグレーディングマシン「TG−6000」を導入した。これにより、 (more…)

2010年9月16日

「信用から信頼へ」大和土地開発(高崎市)福田藤吉さん

Filed under: 今週の社長訪問 — writer @ 12:00 PM

 故郷の中之条町を離れ、1990(平成元)年に勤めていた不動産会社を辞めて独立。これまで新築住宅・中古住宅の販売をはじめ、高崎市や旧箕郷町・旧群馬町・榛東村などを中心に建築条件のない新規の住宅分譲地を自社開発してきた。
 特に、宅地の開発は (more…)

県内3校目の中高一貫校開設へ

Filed under: トップ,東毛 — writer @ 9:00 AM

12年に中学校が併設される太田商業高校

 2012年、県内3校目となる公立中高一貫校が太田に開校する。太田市立商業高等学校を母体として、中学校を併設するほか、 (more…)

アジア

Filed under: ぐんけい録 — writer @ 9:00 AM

 第一次世界大戦終了後、ドイツの哲学者オズワルド・シュペングラーが『西欧の没落』を著した。
 彼は、その中で第一次世界大戦がもたらしたすさまじい惨禍により西欧の時代が終わる。代わって (more…)

ページトップへ戻る