2010年12月11日

「ジオパークづくりと自然学校」【群馬大学名誉教授・下仁田市自然学校校長 野村哲】

Filed under: 観光・サービス — writer @ 12:00 PM

 恵まれた自然環境を生かして、世界のジオパークを実現しよう、という活動が下仁田町で始まった。ジオパークとは、ある地域、たとえば下仁田町の「大地の公園」という意味で、 (more…)

技能五輪日本料理の部で金賞受賞

Filed under: 観光・サービス — writer @ 9:00 AM

「今後もがむしゃらに頑張っていきたい」と話す本郷さん

 伊香保温泉「ホテルきむら」(渋川市伊香保町伊香保)の調理部にに勤務する本郷慶隆さん(22)が、第48回技能五輪全国大会の日本料理の部で、最高賞となる金賞を受賞した。前回大会で銅賞を獲得以降、 (more…)

2010年12月10日

高崎駅に新商業施設【イーサイト高崎】

Filed under: オススメ記事,流通・金融 — writer @ 12:00 PM

1階部分にオープンするセーブオンのイメージ図

 高崎ターミナルビル(高崎市八島町、阿部純社長)は12日、高崎駅東口の新駅舎、ペデストリアンデッキ完成に合わせて、商業施設「イーサイト高崎」を拡張しリニューアルオープンする。“食”を中心とした施設となりスイーツショップ約20店を含む計46店が出店、年間売上20億円を見込んでいる。 (more…)

基本・実施設計を全国公募【前橋市】

Filed under: 建設・開発 — writer @ 9:00 AM

旧ウォーク館の1・2階と地下に新設

 美術館は、同市が総合計画に掲げる将来都市像「生命都市いきいき前橋」の文化機能を担う拠点として位置付け、設置目的に「アートでつながる市民の創造力」を掲げる。具体的には、市内の幼稚園・保育園、小・中・高等学校などの教育機関や、地元の企業や商店街、NPO法人などと連携して、 (more…)

2010年12月9日

第36回「ジオパークづくりと自然学校」【群馬大学名誉教授・下仁田自然学校校長 野村哲】

Filed under: 成功させよう群馬DC,連載 — gunkeiadmin @ 3:00 PM

【成功させよう「群馬デスティネーションキャンペーン」第36回】
 恵まれた自然環境を生かして、世界のジオパークを実現しよう、という活動が下仁田町で始まった。ジオパークとは、ある地域、たとえば下仁田町の「大地の公園」という意味で、主な目的は、自然環境の調査・保全と地域の活性化にある。すなわち、地形や地質の特徴と、これを生かし、そこに住む人たちが世代を超えて生活を築いてきた様子を、現地を訪れた人たちに見ていただき、食を含めて充実した時間を過ごしていただくことにある。
 【下仁田自然学校のおこり】学校づくりのきっかけは、「新版地学事典」(1996年、平凡社)の刊行に見通しがたち、深夜の学会事務室で、祝い酒を飲んでいた時のことだった。使われなくなった蔵書を、ご本人やご遺族から寄贈していただいて図書館をつくり、子ども、お年寄り、研究者にいたるまで、読書や自然観察で楽しんでいただこうと。
 地質に多様性があり、交通が便利な群馬県南西部を中心に、場所さがしが始まった。当時、下仁田町の教育長をされていた里見哲夫さんが献身的に協力してくださった。開校にこぎつけたのは99年6月で、下仁田町吉崎にある元下仁田幼稚園の建物だった。
 【自然学校の活動】開校前から実施していた自然探検や野外観察会の行事はさらに増加して、園児や小学生を中心に、御岳、鹿岳、物語山、荒船山、妙義山、大桁山などに登り、また、鏑川に行って、水生昆虫や河原の石を調べたりした。09年11月14日に開かれた創立10周年記念大会では、これまでの10年間の行事が表になって報告された。これによると、講演会・学習会65回(参加者数1191名)、出前授業80回(対象者数3878名)、各種研究会の野外調査59回(参加者663名)、大学など外部団体の実習・学習会等52回(参加者733名)、合計の行事数221回(参加者数5904名)。さらに、刊行本7種、各地質名所に設置した畳大の案内板10本、寄贈していただいた図書・雑誌類は4万点余になった。下仁田町や周辺地域の地質調査が進み、住民の皆さんとの結びつきも強まった。このときすでに、ジオパークづくりの基礎ができていたのである。
 【ジオパークづくりの活動】08年11月、早稲田大学の高木秀雄さんを迎え、「下仁田町にジオパークを−自然の恵みを町づくりに」の講演が、青倉小学校の体育館で行われ、ジオパークづくりの活動が始まった。今年の4月、吉崎にあった下仁田町自然史館が、昨年の春廃校になった青倉小学校に移転したことに伴い、自然学校も移動。同時に町の職員で構成される「ジオパーク推進室」が新設され、職員室だったところに、自然学校の事務局と同居し、自然学校が協力する形で、本格的な活動が始まったところである。来年の群馬DCでは、ぜひ多くの人に下仁田の地質・地形に触れていただき、「世界ジオパーク」登録をめざす契機としたいと考えている。

「優しい花の絵」訪問介護ステーション望(前橋市)鎌塚鉄さん

Filed under: 今週の社長訪問 — writer @ 12:00 PM

 前橋市鼻毛石町にこのほど開設した適合高齢者専用賃貸住宅「望のいえ」。個室入口には、何とも優しい花の絵を描いた木札が掛かる。「私が描いたんですよ」と一見こわもての表情を崩し、 (more…)

「地域に必要とされる店づくり」NEXUS社長 星野敏さん

Filed under: 連載,~インタビュー~今週この人と — writer @ 12:00 PM

 環境に配慮した広い店内にパーテーション付きいすや高い接遇能力を身に付けた若いスタッフなどを背景に急成長するパチンコホール「Dステーション」を運営するNEXUS。14年6月期をめどに「30店舗・2000億円」体制構築を目指す元フェンシング五輪候補選手、星野敏社長に話を聞いた。 (more…)

世界最小LEDディスプレイ開発【OKIデジタルイメージング】

Filed under: トップ,製造・ソフト — writer @ 9:00 AM

指の腹に乗る程度のサイズながら高解像度表示できる

 OKIグループで、プリンターの書き込み光源となる半導体部品の開発、製造販売を手掛けるOKIデジタルイメージング(高崎市西横手町、荻原光彦社長)はこのほど、LEDを光源とした世界最小クラスの超コンパクトディスプレイを開発した。指の腹に乗る程度のサイズでありながら、 (more…)

意識と意欲

Filed under: ぐんけい録 — writer @ 9:00 AM

 先日、8名の女子大3年の人達と四方山話をした。
 話題の一つに「もう一度生まれるとしたら、女がいいか、男がいいか」というのがあった。その際に8名の女子学生全員が躊躇なく男に生まれてきたいと答えたことに驚かされた。 (more…)

2010年12月8日

補正済み金型をデータ化【光佐】

Filed under: 東毛 — writer @ 9:00 AM

非接触カメラ式三次元測定機で金型をデータ化する

 金型の補正やメンテナンスを手掛ける光佐(太田市飯塚町、佐口貞雄社長)は、三次元測定器を使用して金型を測定しデータ化する「リバースエンジニアリング事業」に注力している。補正作業を済ませ最良の状態にある金型をデータ化しておくことで、 (more…)

ページトップへ戻る