2010年11月12日

「カリモク60」の品揃え充実【レトロボックス】

Filed under: 流通・金融 — writer @ 12:00 PM

宮子町の「伊勢崎ガーデンズ」内に開設

 家具販売のレトロボックス(前橋市荒牧町、竹渕恒夫代表)はこのほど、同社2店目となる「RETRO BOX伊勢崎店」(伊勢崎市宮子町)をオープンした。店舗面積は約430平方メートルで、 (more…)

デザイナーズ分譲型注文住宅D:BOXを開発【初谷建設】

Filed under: 建設・開発 — writer @ 9:00 AM

D:BOXのイメージパース

 初谷建設(前橋市駒形町、初谷幸一社長)は、注文型分譲住宅の自社ブランド「D:BOX」(ディーボックス)を開発し販売を始めた。木造軸組み工法で大空間のリビングダイニングを実現したデザイナーズ住宅で、 (more…)

2010年11月11日

第32回「焼きそばで地域おこし」【上州太田焼きそばのれん会会長 細谷和雄】

Filed under: 成功させよう群馬DC,連載 — gunkeiadmin @ 3:00 PM

【成功させよう「群馬デスティネーションキャンペーン」第32回】
 B級グルメが注目を集める中で「焼きそば」を地域のB級食文化として地域おこしを積極的に行っている団体が増えてきました。
 群馬県太田市、秋田県横手市、静岡県富士宮市は、日本三大焼きそばとして同盟を結び、食を通して地域間の交流を図っています。
 太田市は「焼そばの街 おおた」として、日本で3番目に「焼そばの街」として地域おこしを始め「上州太田焼そばのれん会」を立ち上げました。現在、「上州太田焼そばのれん会」として会員は62店加入しており、市内外へのイベント参加など積極的にPR活動を行っています。
 なぜ、太田市は焼そばで地域おこしなのかというと、太田市民と焼きそばは昔から切っても切り離せない縁があるからです。
 戦後の太田市は、中島飛行機を前身とした富士重工業を中心とする自動車産業の街として大きく発展してきました。そんな中で忙しく働く工員さんや地域の人の気軽に食べられる食べ物として、出来たてはもちろん、冷めてもおいしく食べられる焼そばが市民に愛され広く浸透していきました。
 太田市の焼そばの特徴として、各店毎にソースや麺、トッピングなどに趣向を凝らしており、店独自の味をそれぞれ楽しむことができます。基本的には、太麺ではありますが、「十麺十食」と謳(うた)うように極細の麺から極太の麺、パスタ焼そばまで、各店舗でいろいろな焼そばがあります。
 安くてボリュームがある太田焼そば、ぜひ食べ歩きに来て下さい。焼そば好きの人には一度は食べていただきたいです。焼きそばがあまり好きでない人も一度食べたらきっとまた食べたくなることでしょう。また、各店サイドメニューも豊富で、上州名物の焼まんじゅうからたいやき、たこ焼きなども販売しておりますので、焼そばと一緒に楽しんでいただければと思います。
 来年度は群馬DC(デスティネーションキャンペーン)です。上州太田焼そばのれん会会員一同、熱々の太田焼そばをご用意して、皆様をお待ちしています。

「勝敗より楽しさを」プランニング・スタッフ(沼田市)原澤宏治さん

Filed under: 今週の社長訪問 — writer @ 12:00 PM

 以前にも何度か取材していたが、今回は少し印象が違う、顔が日焼けしていて真っ黒なのである。ゴルフかな?と思っていたのだが、 (more…)

「高崎から世界に技術発信」沖デジタルイメージング社長 萩原光彦さん

Filed under: 就任,連載 — writer @ 12:00 PM

 10月に発表されたOKIグループの中期経営計画の中で「成長ドライバ」として、期待の高まるLED応用商品を手掛けるOKIデジタルイメージング(高崎市西横手町)。今年3月に東京都八王子市から本社移転、 (more…)

日帰りツアー盛ん

Filed under: トップ,観光・サービス — writer @ 9:00 AM

各社とも低予算で1日のんびりと観光ができる日帰りツアーを用意している

 紅葉シーズンが到来する中、従来の宿泊付きツアーから、低予算で1日のんびりと観光ができる日帰りツアーに力を入れるバス会社が増えている。いずれも中高年をターゲットに、紅葉巡りや人気のスイーツ、ウオーキングなどをプランに盛り込むケースが目立っている状況。近年、 (more…)

群響

Filed under: ぐんけい録 — writer @ 9:00 AM

 群馬県の全国知名度順位は、下から数える方が早いという。さらに、北関東に位置する群馬県は文化的後進県のイメージさえあるという。だが (more…)

2010年11月10日

生命科学分野の産官学連携組織

Filed under: 東毛 — writer @ 9:00 AM

15企業、研究機関、自治体が研究会に参加した

 邑楽郡板倉町に生命科学部キャンパスを置く東洋大学は10月27日、県内企業15社と自治体、研究機関らと協力し、産官学連携による研究開発支援組織「東洋大学LiFE研究会」を立ち上げた。北関東地域の「生命」「食」「環境」に関する産官学連携ネットワークの中核となることを目標に定めており、 (more…)

2010年11月9日

特養待機者初の実態調査【県】

Filed under: 医療・福祉 — writer @ 9:00 AM

 県介護高齢課は、特別養護老人ホーム(特養)入所待機者の実態を探ろうと9月、県内特養39施設を対象にアンケート調査を実施した。待機者の居所、多床室・個室の希望、経済状況、申込施設数、待機年数など、 (more…)

2010年11月8日

医療用スコープに参入【アステック】

Filed under: 製造・ソフト — writer @ 12:00 PM

「Spica」のブランド名で展開する

 マイコン応用電子機器の開発、製造を手掛けるアステック(伊勢崎市境島村、高橋登社長)はこのほど、医療用スコープ分野に参入した。耳鼻科医、歯科医らが手術時などでも活用できる両眼タイプのスコープで、 (more…)

ページトップへ戻る